給食・食育

取組むのは循環型の食育

ジャガ芋種芋植え食育 スナップエンドウの収穫収穫の喜びを体験小宮地保育園の食育は循環型小宮地保育園の食育は循環型菜園で収穫した食材を食べて命へ循環食にまつわる全てに関心をもつ食育残飯を発酵させて土へと循環残飯は発酵させて再び土へと循環残飯は発酵させて再び土へと循環

小宮地保育園の食育は
「循環」がテーマです

園内菜園では、季節の野菜を栽培し、園児と収穫します。
収穫した野菜は、素材の味を感じられるように、給食で調理。
そこで出た、残飯は「生ごみ処理機」へ。
出来た肥料は、良質なため野菜がよく育ちます。
小宮地保育園では小さな『好循環』が生まれています。

いのちを育くむ→いのちを頂く→いのちを生きる
田植え体験-食育

季節の野菜の栽培と収穫を体験

園内や近隣の畑や田圃、果実畑などで様々な野菜などの栽培や収穫を体験します。
普段口にする野菜などが、どのようにして実がなるのかを体験したり、子どもたちの間では役割を決めたり、食を通して様々な体験をすることができます。

小宮地保育園の食育は循環型

菜園で収穫された野菜が給食へ

給食では調味料も添加物の少ないものを選び使用しています。食器は陶器製なので落とすと割れます。物を大切に扱うことを学びながら、おいしく頂きます。また、歯科医院の協力も得て、口腔育成にも力を入れて取り組んでいます。前歯でガブッと引きちぎることのできるおかずを提供すると、よく噛まないと飲み込めません。自然と噛む習慣ができ、多くの唾液が分泌されます。結果、脳に刺激を与え、消化を助け、細菌をやっつけ、飲み込みやすくしてくれたりと良いことづくめです。これを続けることで、病気に負けない強い体の基礎が育まれ、脳も健全に発達します。さらに歯間に隙間が生まれ、永久歯の歯並びが整う準備をします。歳を重ねても、自分の歯で食べるためにこの幼児期から取り組んでいます。

残飯を発酵させて土へと循環

残り物は発酵させて土へ

給食で出た野菜の切れ端や、残飯などはそのまま廃棄せずに『生ゴミ減容堆肥化装置』に投入します。機械の中で発酵し、再び土となって園の菜園で再利用しています。

子ども菜園とクッキング

みんなで育てた野菜も使って『むく』『ちぎる』『きる』
野菜も自分たちで苗を植え育てた野菜だから一段と美味しく感じることができます。野菜の苗植えや栽培、収穫に至るまでに、子ども同士、大人とも必要な作業について話し合います 。
役割を決めて、継続して実行したりと、その時々で経験できることが一年中あります。